ビックリマン トーナメントTOPオフィシャルTOP
ビックリマン BMヘッドライン BIKKURIMAN HEAD LINE
下田研究員のトーナメント総括
3部門の王者決定!! そして伝説章へ突入??
空前絶後のビックリマン人気投票もついに決着! それぞれトップにふさわしい人気キャラクターが選ばれましたね。とはいえ、ほとんど最後まで番狂わせは起こりませんでした! これには残念極まりなし! さてさて、長きに渡って行われてきたトーナメントを振り返ってみましょう。
一番難しかったのは「悪魔」部門でしょう。マンガでもアニメでも中心になるのは、やっぱり天使ですから。敵役となる悪魔は、ヘッドシールになったものは一目置かれるけど、それ以外の悪魔で中心的なキャラは少なく、最終的に「スーパーデビル」をルーツに持つデビルハードがチャンピオンとなったのでしょう。
その逆で「天使」部門は、人気者が混在するカオスランキングが毎週繰り広げられました。ヤマト・アリババ因子を継ぐものは、確固たる人気で、決勝戦までトーナメントを引っ張りましたが、その陰で高得票を集めたにも関わらず敗れ去ったのが十字架天使系キャラクターでした。もし、次回このようなトーナメントがあれば、巻き返しは必至で、いつ番狂わせを起こしてもおかしくない人気を誇りました。
「お守り・次代・お助け」部門は、良くも悪くも決勝戦に残った3キャラクターを中心に展開しました。アニメ・新ビックリマンの影響も強く、最後まで三強は揺るがず、他を寄せ付けませんでした。新時代へ移行する主人公でもあったピア・マルコの勝利は、まさにビックリマンファンの期待感をヒシヒシと感じる結果でもあります。

さてさて、それにしても唐突感のあったこの人気投票トーナメント。「いったいこれからどうなるの?」と思うビックリマンファンも多かったでしょう。今回の投票から受け取った相変わらずのビックリマン人気は、BMの未来を切り開く大きな一因ともなります。もちろん、3部門のトップに輝いた「ヤマト神帝」「ピア・マルコ」「デビルハード」の結果は未来に反映されることとなるでしょう。
…どう反映されるかって? その第一報は、このビックリマンHPにて12月…いや来年1月? 今はこんな思わせぶりな発表しか出来ませんが、近日中の正式発表にご期待ください!



プロフィール
ビックリマン研究家 下田研究員
ビックリマンを研究しているが、実はシールをほとんど持っていない謎の研究家。ストーリーの解明やキャラクターの因子継承に造詣が深い。ひかり伝から明かされたルーツ検証に強く感銘を受ける。
ぺージTOPへ
(c)ビックリマンプロジェクト