悪魔VS天使シリーズを解析せよ!聖魔化生伝・標準理論
navi 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
悪魔VS天使シリーズ新次元突入!伝説の中にちりばめられた化生の謎

研究員「ビックリマン博士、いよいよ悪魔VS天使シリーズの新作がリリースされましたね。その名も『聖魔化生伝』! 待望のお目見えとなりました。まずは博士のご挨拶からお願いします」

ビックリマン博士「世の中春爛漫で、2月のビックリマン伝説チョコ発売以来、SNSゲーム、別冊宝島のシールコレクション発刊、アンカットシール発売と立て続けに話題騒然BM満開の状況ですが、皆様お元気ですか!」

研究員「博士も相変わらずお元気そうで! そうなんです、2012年に入ってビックリマン商品が続々発売されております。ちょっと信じられないくらいのビックリマンフィーバーっぷりですね」

博士「悪魔vs天使シリーズも1985年以来疲れを知らない子供の様にキャラたちが走り回っていますよ!」

研究員「おっと、『聖魔化生伝』ではなく、ビックリマン伝説のお話しですか?」

博士「お手元にあの伝説シールはありますか? 星空の懐かしさ、陽だまりの心地よさでドーパミン出しつつチョコを味わっていますか? キラキラ光るシールの思い出はまさに『ONE&ONLY宝』ともいえますよね!」

研究員「復刻版はどのシールも輝いてますからね〜。懐かしさにひたってる人も多いかと思われますが、新たなファンも大獲得しているようですよ」

博士「未来はさらに輝くあなたを待ってますよ! そーです! それが4月24日に東日本地区で先行発売される悪魔VS天使シリーズ『聖魔化生伝』なのです」

研究員「来ましたね! いよいよ『聖魔化生伝』の話を放出していきますか! ここはホームページ内で唯一濃厚なコーナーですからね」

博士「マニアックなファンの皆さんは『えーっ! 聖核伝パート2ではないの』とか『また意味不明のシールなの』とか、お叱りを受けるかも〜ケンケンパ…!?」

研究員「悪魔VS天使シリーズの原点であるひかり伝シリーズ以降は難解な内容かもしれませんね。キャラクター因子のつながり、世界観の継続性…まあ、かくいう私の研究にも余念が無くなるわけですが」

博士「そうです、あのアインシュタインの法則だって、ちょっと相対的なのかを解明する素粒子の実験が真剣に繰り広げられているくらいですから、ミライは分からないモノだらけなんですよね!」

研究員「科学的な要素がかなり大きな裏テーマに潜んでいるな、とはニラんでますけれども…。まあ、今回は第1回目ということで、さらりと『聖魔化生伝』の概要をお聞きしようかと思います」

博士「そうですね。大きな謎が着実に解明されていく? いくかもしれない『聖魔化生伝』は悪魔VS天使シリーズに新たなページを開くことでしょう。では、その『聖魔化生伝』のお楽しみポイントをここで少しだけご紹介しましょう」

研究員「待ってました! いよいよ核心に近づきます!」

博士「今回のシールコレクションは…全…」

研究員「全部で何枚あるんですか?」

博士「それはまだ言えません。まずは皆さんの目で確認してください。シリーズ名称の『化生』の言葉があり、その語義は『ばける』『へんげ』といった意味から『…超自然的に突然生まれ出ること』とあり、日常の『化粧』とは程遠い概念が付与されています。シールの世界観に深く立ち入るのは次回以降としても気になるワードとなります」

研究員「キャラクター群の中で誰かが『化生』するのは予想しうるところですが…初回ということで、さらりと流していきましょう(笑)」

博士「『聖魔化生伝』のシール素材やデザインも、外観・背景違いを含めると数種類あるとかないとかで、これまた『化生』ワードの気掛かりな点です。コレクションも単なるシール集めに留まらず、『ミステリアスなコレクション遊び』へと誘引するシステムがあるとかないとか」

研究員「今回のこのコーナー、かなりにごした発言が多いですね。謎めかしっぷりがハンパじゃないです! まあ、チョコの発売直後ですからね。皆さんの手でまずは確認していただきたいところではあります」

博士「やはり五感(ファイブセンス)を総動員してチャレンジですよ。お楽しみはまず皆様の手で! といったところです」

研究員「とはいえですね、1つくらいは『聖魔化生伝』に関する謎を明かしてもいただきたいな、と思うわけで…。せっかく、このコーナーも始まったことですし」

博士「ちょうどタイミングいい話があります。全国で一斉発売中の『ビックリマン伝説チョコ』の話です。悪魔VS天使シリーズ第1弾復刻シールにプレビューシールが入ってましたよね」

研究員「ありましたありました! 『聖魔化生伝』の予告シールですね。初の試みとはいえ、驚いた人も多いのではないでしょうか」

博士「裏面コピーの『超時の流れに泡の様に浮いては消えはじけ夥(おびただ)しい化生球(けしょうきゅう)?が誕生…』は、『聖魔化生伝』のシールが化生するプロセスを現わしていたものだったんです!」

研究員「なるほど。ラフデッサン中のキャラクターが化生した真の姿が『聖魔化生伝』で明らかになる。デザインの過程とはいえ、プレビューシールに付加価値が付きますね。完成版と見比べてほしいものです。今からでも『ビックリマン伝説チョコ』で確かめることもできるわけですから」

博士「さあ、次回より本格的に『聖魔化生伝』のミステリアスパート解明をおっぱじめましょうか! レディゴー!」

navi 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回