悪魔VS天使シリーズを解析せよ!聖魔化生伝・標準理論
navi 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
新ステージ・魔地中比(まちちゅぴ)VS聖林冠(せいりんかん)から放たれし悪魔VS天使の伝説ルーツ!

博士「さあ、新緑・若葉のエネルギーがイキイキと伝わる環境の中、皆様お元気ですか! アフタヌーンティはいつものチョコレート菓子&ミステリアスなシールで楽しんでますか?」

研究員「『聖魔化生伝』が東日本地区で先行発売されて、続々と反響も耳に届いてくる今日この頃ですね」

博士「おっと、まずはチョコの売り上げも絶好調! と聞いておりますよ!」

研究員「反響もバツグンですよ! シールの謎を解明すべく、全国の研究員も血まなこになってるようです!」

博士「それはうれしいことですね。感謝感激、還暦を迎えてもビックリマン研究員であれ! なぞなぞスパイラルは永遠に!」

研究員「さてさて、本格的に『聖魔化生伝』の核心に迫っていこうと思います。なんといっても今回の世界観ですね。明らかに聖核伝の続きと思わしき流れがシール裏面からも読み取れますし。ひかり伝から続く、ビックリマンワールド創世の流れですね」

博士「今回は『聖魔化生伝』のパッケージに登場するキャラクター群をご紹介しながら、マーベラスな未層域新ワールドの一部に迫ってみましょう」

研究員「皆さんもさっそくお手持ちのシールをご参照ください。まだお持ちでない方は、お菓子の小売店・コンビニへGO! ですね。…パッケージに描かれているキャラクターということは、超魔アイソクラテラ、煩魔キンデルジュ、メラト仁者、朱雀ポロニアの4体に絞られますね」

博士「『聖魔化生伝』で2種類あるチョコパッケージの一つに、ちょっと鋭い目のフクロウもどきキャラがデザインされていますね。それこそがヘッド級の存在『超魔アイソクラテラ』なのです!」

研究員「察するに古代ギリシャ哲学者っぽい名前や、難解な地殻均衡説のアイソクラシーとか、ラテン語・イタリア語でいう地球をイメージさせるテラを連想させますね。壮大なネーミングからしても、新しいワールドを牛耳るお偉いヘッド格と見ましたがいかがでしょう?」

博士「前作の『聖核伝』ワールドとは違って、『聖魔化生伝』の世界観…ニューワールドの全貌は、それはそれは巨木たちがおい茂る広大なエリア…まさに先の『クラウドール』から放たれた輝光(きこう)が降り注ぐステージ…イメージイラストをご覧ください!」

研究員「おおっ! 素晴らしいっ! 聖魔ワールドのハーフ&ハーフもばっちり予感させてくれますね」

博士「アメリカ・カリフォルニア州にある世界遺産『ヨセミテ国立公園』をご存じでしょうか? 700メートルを超える落差の大滝。ハーフドームの岩山があるドデカイ地域に覆い尽くす樹齢2700年、幹の直径が何と10メートルを超えるジャイアントヨセミテ巨木群をイメージしてください。それが今回のニューワールドにイメージが近いかと思われます。フフフフ、ビックリマンワールドも謎だらけですが、実在のテラもミステリアスですな!」

研究員「このうっそうとした未層域のすべてを知り尽くしたヘッドが、この『超魔アイソクラテラ』ということなんですね。『聖核伝』にもそんなキャラクターがいたと思うのですが…」

博士「ホーホー! のってますねぇ。のってきましたねぇ。この勢いでもう少しくっちゃべりますか!」

研究員「『聖魔化生伝』の新しい舞台について、もっと聞かせてください!」

博士「イメージイラストの中央に位置しているのが『聖魔化生伝』の舞台です。この巨大樹木群の密集する層が魔地中比(まちちゅぴ)です。そこには他と比較出来ないぐらい超デカイ樹木があり、その上根元が二股に分かれ、そのブラックホールから百鬼悪魔を引きずり飛び出してくるのが『煩魔キンデルジュ(悪―6)』のキャラであります」

研究員「恒例のシールナンバーも発表していきます! 皆さんはシール片手にイメージをふくらませてください!」

博士「一方、聖核伝舞台の『クラウドール』から輝光が降り注ぐ上層域が聖林冠(せいりんかん)です。聖火炎扇(せいかえんせん)で聖物たちに活力を与え、魔物を追い払い天空域を優雅に飛翔するのが『朱雀ポロニア(天―6)』というキャラであります。そして守―6の『メラト仁者』は、この両サイド域に聖なる守理力で登場し壮絶な悪魔VS天使に『万華鏡アイ光(まんげきょうあいびーむ)』のつぶらな眼力で、聖魔戦士群をうっとり夢見心地に引き込むフェミニンなキャラクターなのです」

研究員「同じ6ナンバーとなる3すくみが、おなじみとなった戦いのパワーバランス綱引きをしているわけですね!」

博士「と、まあ、とパッケージに登場する4キャラと共に『聖魔化生伝』ステージ背景のプレリュードを簡単にご紹介しましたが、まだこれはほんの導入部です!」

研究員「そうですよね。謎を掘り起こして、出てくるのがまた謎なのがビックリマンワールドですからね。私も安心しておりません(笑)」

博士「まだまだそれぞれシールの裏面を解説してませんよね。アイソクラテラの裏面にある『擬神超魔イデア』なるワードの意味とは? ポロニアの裏面コピーにある『超聖戦士像出現』の意味するものとは? 各論に言及すればするほどシールプレートの断崖ともいえるエッジの利いた謎域は、この4キャラから始まると言っても過言ではないと思われます」

研究員「とはいえですね、ページにも限界がありまして、今回はここまでということにしませんか?」

博士「ネクストシーユーで、次回は地殻均衡を破る『聖魔化生伝』深部の謎エリアにご案内しましょう! お楽しみに!」

navi 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回