第3章 ビックリマン悪魔VS天使シリーズの 物語をもう1度おさらいしよう! 第1章 第2章 第3章
【第3章】スーパーデビル編
スーパーデビル

1985年に発売されたビックリマン悪魔VS天使シリーズ。間もなく30周年を迎えるシリーズのシール総数は1500を超えた。スペース大河ロマンと呼ばれる壮大なストーリーは今なおファンを楽しませ続けている。

『ビックリマン伝説2チョコ』はそんな長き歴史の2歩目と3歩目である。中でも注目されたのが、ヘッドと称されるキラシールの『シャーマンカーン』と『スーパーデビル』だ。もう一度2大シールの歴史をふりかえってみよう。

【スーパーデビル】
スーパーデビル

天聖界と天魔界に分裂したビックリマンワールド。スーパーゼウスの活躍で悪魔軍は第一次聖魔大戦に敗れた。復讐に燃える悪魔たちの悪の念は渦を巻き、魔性暗黒(ましょうあんこく)ゾーンへ集中した。悪魔の念には「新たなる天魔界のリーダー創出」という強い念が込められていた。天魔界でも特に悪心が集中する魔性暗黒ゾーン。そこから誕生したのが悪心の塊・スーパーデビルだ。悪魔たちの願いが生んだ天魔界の新ヘッドである。

ブラック戒律で悪魔たちを統率し、あっという間に天魔界の頂点に君臨した。さらに自ら偽神(ぎしん)タイプに変装し、天聖界へ忍び込んでゆく。その際、シャーマンカーンと接近し、聖心を奪い去ろうとした。額にある下心(かしん)テクターで、聖心を魔性に変えようとしたのだ。

カーンに見抜かれ、未遂に終わってしまうが、スーパーゼウスとシャーマンカーンを不仲に陥れようとしたりと、頭脳的に天聖界をかく乱した。体力や戦闘力が劣っているぶん、頭脳で勝負しようとする点からシャーマンカーンのライバル的存在である。今から27年前、スーパーデビルは旧悪魔VS天使シリーズ第3弾のヘッドシールとして登場した。

天使たちに復讐すべく、逆襲ののろしを上げた天魔界のヘッド・スーパーデビル。いよいよ本格的な聖魔戦争の扉が開かれる。そんなスーパーデビルが『ビックリマン伝説2チョコ』に再び登場する。悪のヘッドシール再出現だ! 超キラシールに生まれ変わったスーパーデビルを、今すぐ手に入れよう!