【第3章】ビックリマン悪魔VS天使シリーズの物語をもう1度おさらいしよう! 第1章 第2章 第3章
【第3章】サタンマリア編

 1985年に発売されたビックリマン悪魔VS天使シリーズ。間もなく30周年を迎えるシリーズのシール総数は2000枚近い。スペース大河ロマンと呼ばれる壮大なストーリーは今なおファンを楽しませ続けている。

 発売中の『ビックリマン伝説3』チョコには、旧悪魔VS天使シリーズの第4〜5弾のシールが封入されている。キャラクターは昔のままで、シールは最新のエンボス加工がなされたアーティスティックなデザインに仕上がっている。

 悪魔vs天使シリーズを引っ張っていく中心人物となるのが『聖フェニックス』と『サタンマリア』だ。もちろん『ビックリマン伝説3』チョコのシールにも封入されている。今一度シールを手に、偉大なるキャラクターの足跡を追ってみよう。

【サタンマリア】

聖フェニックス永遠のライバルがサタンマリアである。天魔界のプリンセス・サタンマリアシールは『ビックリマン伝説3』に3種も封入されている。1枚目は誕生直後のサタンマリア。2枚目はゴールドストーリーシールで、6聖球を奪いパワーアップする姿だ。3枚目は完全パワーアップし、打倒聖フェニックスに出撃するシールだ。これら3枚のシールには流れに沿っているものである。では、順を追ってサタンマリアシールについて解説しよう。

①サタンマリア(誕生直後シール)

①サタンマリア(誕生直後シール)

天聖界の救世主として聖フェニックスは誕生し旅立った。これを知った天魔界の悪魔たちは、悪心の集中した悪和合球よりサタンマリアを誕生させた。天魔界を率いる新リーダーとして、そして聖フェニックスに対抗する超悪魔として命を受けたのだ。誕生後ではあるが、次界の悪魔たちを超念魔で操るほどの才能を持っている。そんな1枚である。

②サタンマリア(ゴールドストーリーシール)

②サタンマリア(ゴールドストーリーシール)

超悪魔として誕生したものの、まだ未知数の実力であったサタンマリアはパワーアップすべく天聖界に侵攻する。聖心パワーのかたまりである6聖球を奪い、自らの冠に備え付けるとたちまち巨大化した。魔炎を放ち、無敵となったサタンマリアは天聖界を崩壊へと導く。このゴールドストーリーシールはその模様を描いたものであり、天聖界の終わりを告げる衝撃的なシールである。

③サタンマリア(増力完了シール)

③サタンマリア(増力完了シール)

天聖界への侵攻、6聖球強奪、そして巨大化した姿が増力完了シールである。もはや天聖界に敵はなくなり、本来の目的である打倒聖フェニックスを果たすべく次界へ旅立つことになる。ここから旧悪魔VS天使シリーズ第19弾まで聖フェニックスとのライバルストーリーは続いていく。悪魔VS天使シリーズは、このサタンマリアと聖フェニックスを中心とした展開となっており、その感動を再びビックリマン伝説チョコで味わえるのは感慨深いものである。