ビックリマンをささえた人たち


米澤先生と兵藤先生がなるかしく、熱く語る!米澤先生と兵藤先生がなるかしく、熱く語る!
「えっ〜!これがあのヘッドキャラ!? ヘッドキャラ制作秘話-2」
米澤
(以下米)
「今回も、悪魔VS天使編のいろんなエピソードを紹介する訳やけど、どれを選ぼうかな?」
兵藤
(以下兵)
  「そうですね、前回同様ヘッドキャラのボツバージョンを紹介するのが、面白いんじゃないですか?」
  「そうやね、今回はこれも人気の高い「サタンマリア」の秘話を紹介しようか。」
  「まず、〈図-1〉が初回のラフですね?なんだか、なまめかしいセクシーキャラですね(汗)」
  「アハハハ、今見ると単なるチャイニーズドレスのおねえちゃんぽいなぁ〜(笑)。当然“ボツ”や〜。で、もっと強さと美しさが欲しいって事で〈図-2〉になる訳や。」
  「おおっ、プロテクターとか装備されてカッコイイじゃないですか!」
  「うん、指示が“カッコ良くて、かわいい小悪魔”のようなキャラだったからネ…。」
  「でも、これもOKが出なかったんでしたよね?」
  「うん、“悪の神秘性”が足らないと…。」
  「なるほど…で、〈図-3〉となったんですよね。これはもう最終形〈図-4〉に近いものですよね。でも、個人的にはかわいいマリアもすきなんだけどなぁ〜」
  「そうや、マリアのパワーアップバージョンのボツキャラも、特別に公開しちゃおうか?〈図-5〉」
  「オオっ!これはレアなラフですね!こんなの描きましたっけ?しかも、さっきのマリアよりもカワイイじゃないっすか!」
  「そうそう、パワーアップして美しさも増すって言う設定だったからね。でも、かわいすぎて“毒”が足らないとタンゴさんから指摘があり、何回かラフのやり直しがあって、〈図-6〉の最終となったんや。」
  「うわっ!やっぱコワイっすね、このマリア。確かに“毒”はありますけど、かわいいのがイイなぁ〜(笑)。ファンから希望がないですかね?かわいいマリアキャラを復活希望なんて!」
図-1
<図-1>
図-2
<図-2>
図-3
<図-3>
図-4
<図-4>
図-6 図-5
<図-6> <図-5>
  「今回は、特別にもうひとつ出そうか?」
  「…ひょっとして、あれですか?(汗)」
  「そう!あれや〜!」
  「出ましたネ!ボク達すら忘れかけてた強烈なやつ!(笑)〈図-7〉ですが…、だれっすか〜このお方は〜(汗)」
  「…うむっ、普通のにいちゃんが、カブト(しかもカブト虫や)をかぶってるだけやなぁ〜(爆)!」
  「…ファンの方に解りますかね〜?(汗)」
  「アハハハ、解ったかな?これはヘラクライストの幻のリアルバージョン!(爆)」
  「なんか不気味ですよ〜!(汗)」
  「でも、指示は顔はクールな美少年風だけれど、体はヘラクレス風だった。」
  「…たしかに条件は満たしてますよネ。」
  「さらに、それにポーズをつけたのが〈図-8〉や!」
  「カブト虫の羽根がマントになってたんですよね。」
  「おおっホンマや!忘れてたよな(笑)。」
  「それから何度も修正して〈図-9〉の最終形になったんですよね。やっぱ、カッコイイですね、こっちの方が!」
  「まあ、日の目を見なかったキャラは数えきれないくらいあるよね。ボツキャラで1弾や2弾は作れるよな(笑)。」
  「そんな企画があっても面白いかもしれないですね。」
  「そうやね!これからも応援お願いいたします。」
図-7
<図-7>
図-8
<図-8>
図-9
<図-9>
次回はいよいよスクープ2003も最終回。乞うご期待!


All Rights Reserved.Copyright(C)LAD,ロッテ/ビックリマンプロジェクト